スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自力整体



 自然な体ってなんだろう?

 それはサラサラと流れる様な

 気持ちの良いからだ。

 自力整体を始めて、私が知った事です。


〈自力整体〉は、「からだ」 「こころ」 「食べ方」 3つの面から整え、
自然体(健康)になるためのメソッドです。
教室では、90分間目を閉じ、自分の内側を見つめながら、
知らない間に緊張してしまった場所を探し、ゆさぶったり自分の体重を使ったりして
ゆったりとほぐしていきます。

「からだ」・・・まず、要らなくなったものを ~外に出す~
  ・呼吸を使って出す。
  ・関節や筋肉に溜まった疲労をゆさぶりほぐす。
  ・痛み・不快感からの解放。
「食べ方」・・・びっくりするくらい ~からだに楽ちんな食べ方~
  ・内臓を美しく保つデトックス方法。
  ・食べ方と心の、素敵な関係
「こころ」・・・自己を内観し、不必要な考えや思い癖を ~手放す~
  ・自分らしさとは。
  ・楽しいと起こる、色んな科学★不思議


〈自力整体〉は、東洋医学を取り入れた、予防医学です。
東洋医学では、体には「経絡」と呼ばれる道の上に、700以上の「ツボ」という
気(生命活動エネルギー)の出入りする穴があるとされています。
そこから、呼吸するように汚れた気を出し、綺麗な気を循環させて、
私たちは生きています。

汚れた「邪気」を排泄し、エネルギーを循環させると・・・
  ・血流が良くなり
  ・体温が上がり
  ・老廃物(水分)排泄のリズムができ
  ・体内ホルモンの分泌が整い
・・・サラサラと気持ちの良い体にどんどん近づいていきます★

〈自力整体〉は、動く瞑想です
自分の内側をじっくり観察して、こころを落ち着けていくうちに、
こころの状態がからだに影響していることも、解ってきます。

気持ちの良いからだとは、気持ちの良いこころ
そういうことなんだな~★と感じます。
自力整体とは

東洋医学を取り入れた
自力整体、効き目ありそうですね

なんといってもこの自力整体の魅力は、
自分で整体できることですね(そのまんまですね 汗)
しかもただ整体するだけではなく
心や食の面でも自分で整えるとゆう
とても効き目ありそうな整体です。

みなさんも自力整体を調べて
実践してみましょう。
スポンサーサイト

ケーゲル体操


骨盤底筋の強化の方法、ケーゲル体操についてです^^

骨盤底筋のを鍛えることというのは、
体の幹の部分にあたる、
骨盤のしたでささえてる筋肉ですから、
姿勢維持にもとても大事な筋肉です。

では、この骨盤底筋具体的にどのように
鍛えたらよいでしょう?

ようはゆるくなった骨盤底筋を強くする運動ですね。
簡単にいうとお腹の筋肉には力をいれずに
肛門・膣・尿道をしめる体操になります。

通常は肛門をしめると、
腹筋にまでちからが入ってしまいますが、
そこを腹筋には力を入れないようにして、
肛門・膣・尿道をしめます。

その状態を約3秒間維持してください。
その後ちからをぬきます。
これをくりかえして行います。
10~20回くりかえすことを1セットとして、
一日に3セット以上おこなうと良いです^^
お腹に手を当てて力の入り具合を
確かめながら行うといいですね。

そこで、この体操の注意点はどのような点でしょう?

それはきちんと骨盤底筋の場所をいしきできてないと、
腹筋や太ももの筋肉を収縮させてしまって、
まったく効果があがらないことにつながりかねません。

骨盤底筋の確認のための方法として、
トイレに座って尿を出し始めてから、
途中で尿を止めてみるというものです。
そのとめるときに使ってる筋肉が骨盤底筋ですね。
これを何回かくりかえすことで、
正しい筋肉を収縮させる感覚になれてきます。
そして、尿を止める時に腹筋や太もも、お尻の筋肉を
収縮させないように気をつけましょう。

筋肉の場所がわからないといくら意識しても、
効果がなかったからやめたではもったいないですからねぇ^^;

この体操はいつでもでこでもできます。
仕事してても、テレビ見てても、
料理つくってても関係なくですね。

小さな運動ですが、これを積み重ねていくことで、
しっかり安定してきます。
姿勢安定のためにもぜひ実践してみてくださいね^^
骨盤底筋の強化の方法、ケーゲル体操

この体操によって骨盤底筋を
強化すれば、姿勢の維持に役立つとの事です。

比較的、簡単な体操なので
老若男女にオススメしたいです。

普段からの自身のトレーニングで
だいぶ体は変わります
色々なトレーニング法は
整体に行って聞いてみて下さい。

猫背の予防


タイプ別猫背の解消、腰猫背についてです^^

この型は外見上は猫背?
って感じですが、猫背のひとつですね^^
腰の部分が丸まってる状態ですから、
上向きで寝ると骨が地面にあたっていたいです。

そんな腰猫背まずはおさらいから。。

ふだん中腰の姿勢や、
足を組んだりすることが多い人によくみられます。
長時間足を組んだりすることで、
骨盤と仙骨がゆがんできて、
坐骨神経を圧迫とういうことは、
いわゆる坐骨神経痛になってしまってる。
そういう方って結構おおいですね^^;

足を組むと左右のバランスが
どうしても悪くなりがちなので、
組むのであれば交互に。
でも一番は組まないほうがいいですけどね^^;

ではこの腰猫背はどのような点に注意したほうがいいでしょう?

この型の人は、背中の上のほうの筋肉。
背骨をはさんでる筋肉。
まあおおざっぱに言えば背中の筋肉を
鍛えましょうということです(笑)

そして背中から腰にかけての丸まった部分。
この部分をのばすような運動も大事です。

まあどの型でもそうですが、基本となるのは、
常に元となる姿勢をつくり、
その状態を維持しつつ筋力を強化することです。
正しい姿勢ってはじめはきつく感じますが、
続けていくうちに体の筋肉が強化され、
姿勢を当たり前に維持できるようになります。

そういう地道なことが一番の近道でしょう。

続けていくうちに、歩くときなども全体的に
ブレる感じが少なくなってるの、実感できてきます。

猫背であろうと猫背でなかろうと、
姿勢維持は体をよりよく保つためには大事なことです。
本来の楽な体手に入れてくださいね^^
タイプ別猫背の解消、腰猫背

そうです、姿勢を正しく
保つのが予防なんです

猫背は見た目も悪いし
自分の体にも良くありません
すぐに直した方がいいでしょうね

ですが正しい姿勢を保つのは大変
、という方は2種類の方法があります

1つめは整体に通うこと
2つめは矯正器具を使うことです

なるべくなら自分で治したほうが
いいんですが。
もし挫けたら上記を参考にしてください。

成長期に筋肉をつけると身長が伸びない?


さて、今回は。。。

成長期に筋トレをすると身長が伸びない?についてです^^

成長期なんかに筋肉つけすぎて、
身長伸びなかったっていう人いますが、
実際のところどうなんでしょう?

実際は筋肉をつけすぎることによって、
身長の成長がさまたげられる
ことはないとされています。

むしろ適度な筋肉の刺激、トレーニングは
成長ホルモンが多く分泌されて
身長は伸びるとも考えられます。

成長期は基本的には骨格自体の成長の事を指します。
骨の急激な成長でどんどん伸びていくのにたいして、
筋肉の成長がついていけない場合、
関節などに負担がかかって障害が出ることもあります。

ひざの骨がでてくるオスグッド病
なんかはそのひとつですね。

では、そのような状態の時どのようにしたらよいでしょう?

基本的には、負荷の強いトレーニングを
行うのをやめることが先決ですね。
特に小中学生は適切な指導者がいて
練習を行うことが一番です。

どうしても雑誌や本なんかで練習法とか
書いてあるものの多くは、
大人向けのものがおおいですから、
親の指導も大事になってきますね^^

成長時期身長が伸びなくなると
筋肉をつけることためらわずに、
そのときにつけられる筋肉
しっかりつけておくことのほうが必要ですね^^

体の変化には十分はいりょしつつ、
取り組んでいくことがより成長をうながしてくれることでしょう。
成長期に筋トレをすると身長が伸びない?

成長期に過度の筋肉トレーニングは
よくないみたいですね
筋トレのみならず
足を使うスポーツや
手を使うスポーツも
やり過ぎると障害がでるようです

子供がいる皆さん
ぜひ配慮してあげて下さいね

スポーツをされている子供たちには
定期的に整体へいくと良いでしょう
骨や筋肉の状態がすぐわかりますからね。

腱鞘炎予防


前回は腱鞘炎の治療を取り上げました。
薬に手術などがありましたが
出来るだけそんなことはしたくありませんよね。

では腱鞘炎にならないためには
日ごろどんなことに気をつければいいでしょうか?

以前紹介したように腱鞘炎の多くは
手の使いすぎによっておこります。

毎日キーボードを長時間打っていたり、
長時間の楽器の演奏を長い期間続けていたり、
常に手にたくさん負担をかけている方に
多くみられる「職業病」や
「使いすぎ」に起こる症状です。

まず、手に大きな負担をかけないように
小まめに休憩をいれることです。

携帯電話でのメールを打つ作業や
パソコンのタイピングなどはそんなに
負担をかけている感じはしないのですが
休みをいれると入れないでは差が出ます。

手がだるくなったときなどは
手のひらを指などで押してよく使う指の筋肉を
ほぐしてあげると手の疲れが取れやすく
リフレッシュにもなります。

他の人に手のひらを押してもらうのも
気持ちがいいですよ。
グー、パー、グー、パー、と
運動を加えるのもいいですね。

また使いすぎて痛みが出た場合は
休むほかに炎症が出て痛みが起こっている部分を
氷やアイスノンで冷やして
炎症を抑えることが効果的です。

ひどい痛みになる前の小まめなケアで
腱鞘炎を予防していきましょう^^
手は一番使うといってもいい部分ですからね。
誰にでも起こりうる症状だけに人ごとではありませんよ。
腱鞘炎にならないためには?

腱鞘炎予防のしかたですね
腱鞘炎になってからでは
薬や手術に頼らなければ
なりませんが、こういう予防のストレッチ
があるので、手が資本の方は
こまめに腱鞘炎予防をしましょう。

手が動かなくなってからは
遅いですからね、病院に
通う前に予防しましょう。

予防で
整体もオススメです。
プロフィール

整体太郎

Author:整体太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。